You are here

浴室の掃除


皆さんは浴室を掃除するとき、どんな洗剤を使っているでしょうか。恐らく、いわゆるお風呂用洗剤で洗っているという方が多いはずです。しかし実のところ、それらの多くは「浴槽」を洗うための洗剤。浴室全体には適さないかもしれません。

カビや水垢、石鹸カスなど、浴室の汚れは何種類もあります。それぞれの特性に適した洗い方を選ばないと、効率的な掃除はできません。浴室の掃除に取りかかる前に、まずは汚れの種類と対策を把握しておきましょう。

 

浴槽の洗い方

浴槽自体の汚れは、そのほとんどが水垢か皮脂汚れです。よほど酷くない限りは、風呂用洗剤や中性洗剤で落ちるでしょう。しかし、冷たい水で落ちにくい場合、あるいは寒い時期は、洗剤を少量の熱いお湯に溶かして洗うと効果が倍増します。アレルギーや敏感肌で「なるべく洗剤を使用したくない」というような方は、重曹をスポンジに付けて磨くのもおすすめです。

 

石鹸カスの落とし方

床のタイルや鏡などに付着する石鹸カスも、なかなか頑固な汚れです。しかしその特性を知れば、掃除はそれほど難しくありません。石鹸はアルカリ性なので、酸で中和すれば良いのです。

クエン酸や酢を水に溶かしたものをスプレーして、スポンジで拭いてみてください。そうすれば、簡単に綺麗になります。同じ場所に黒カビも発生している場合は、先に石鹸カスを取り除いてからカビ退治をするのが効果的です。ただし酸が残らないよう、完全に洗い流してからカビの処理を行ってください。

 

カビ対策

浴室の掃除で、もっとも厄介なのが黒カビです。天井やタイルの目地、排水口周りなど、湿気が残りやすい場所には必ずといって良いほど発生します。カビは生き物のため、完全に退治しないと綺麗にならないだけでなく、また復活してしまうでしょう。

市販されているカビ用洗剤には、塩素系・酸素系・有機酸系などの種類があります。この中で一番強力なのは塩素系です。カビの状態にもよりますが、カビの細胞が破壊されるまで10~30分放置して洗い流しましょう。液ダレしやすい場所には、粘度の高いタイプを使用してください。尚、これは強いアルカリ性の洗剤のため、人体にも有害です。使用する際は、臭気を吸い込まないようにマスクをしたり、換気したりすることを忘れないでください。

塩素系漂白剤も類似した成分のため代用品になります。粘度を高めるには、片栗粉と混ぜて使うのも1つの方法です。ただし、塩素系の洗剤は酸性の洗剤と混ざると有毒ガスが発生するので、絶対に併用しないでください。浴室のカビ対策をする際は、他の掃除をやめてカビに専念したほうが良いでしょう。常に窓を開けて作業し、全て終わったら洗剤が付着した部分を念入りに水洗いしてください。

 

プロに依頼する

最近の浴室には、浴槽エプロンなどが設けられているタイプが多く見られます。そのため、隠れた部分の排水溝のカビ退治が難しいケースもあるでしょう。また、一部のユニットバスには窓がなく、充分に換気できないこともあります。

そんなカビ対策が難しい浴室の場合は、プロに掃除を依頼するのも有効な手段です。ベーシックなプランなら1~2万円程度から依頼でき、別途オプションで、カビ防止のコーティング処理なども選択できます。自分で掃除するより、綺麗な状態が長持ちするはずです。

コメントを残す

Top