You are here

大阪への引越し前と後の片付けに頭を悩ませないためには?


いざ引越しが決定して荷造りするというタイミング。しかし当日まで家で生活することを考えると、「何から荷造りを始めたら良いか」と悩むものです。引越し直前になってからバタバタと片付けなくて良いように、最低でも3週間位前から荷造りをスタートしましょう。

 

不要なものから片付ける

引越し前の片付けは、まず普段あまり使っていないモノから取り掛かりましょう。家の中でもあまり立ち入ることがない納戸や、押し入れの奥にしまい込んだモノなど。こうした場所には処分できるモノが多いので、捨てられるモノを分けながら荷造りしていきます。

次に引越し時期には必要ないモノ、例えば季節ものの衣類や家電などを荷造りすると良いでしょう。本やCD、DVDなどがたくさんある場合は、手元に必要最低限を残して大部分を梱包しておく方法もあります。その他にも、使用頻度が低いモノから順に荷造りしておくと、後にあって「まだ使うんだった」と無駄に梱包を解かなくて済むはずです。

反対に毎日使うようなモノは、引越し前日か当日に箱詰めすれば良いでしょう。優先順位を考えながら、焦らずに梱包してください。

 

いらないものを捨てるチャンス

引越しは、不用品を捨てるチャンスです。新居をすっきりキレイに保つためにも、今ある荷物をそのままにせず、必要ないモノはどんどん分けていきましょう。

大型家具や電化製品などは新居でも使用するかどうか判断し、不要なものは手放します。粗大ゴミなどは、自治体によって1ヶ月に1度程度しか出せないということもあるでしょう。そのあめ、大型ゴミは早めに処分してください。引越し直前まで使用する食器類などの生活品や衣類も、不要なモノがないか事前にチェック。慌てて梱包しないようにしてください。

「自分では使わないけど、捨てるのはもったいない」という場合には、リサイクルショップで買い取ってもらうのもおすすめです。なるべく荷物は減らした方が、引越し料金も抑えられるでしょう。

 

荷造りのポイント

引越し荷物を作る際は、重いモノほど小さな箱に、軽いモノほど大きな箱に入れるのがおすすめです。これによって、「重くて運べない」という事態を割けられます。

また、新居で収納場所が決まっていると、荷解きがスムーズにできるでしょう。収納場所ごとに段ボールを準備し、何が入っているかが一目で分かるようにして梱包します。引越し先では大きな家具から荷解きし、部屋に配置するようにしてください。

大きなモノを先に片付けると、作業スペースが確保できて後の作業がしやすくなります。逆に生活品など細々したモノは、使用頻度の高いモノから片付けていきましょう。生活に必要なモノがある程度片付くと、翌日に作業を回すことができます。そうなれば、あとは焦らず少しずつ片付けて行けば問題ありません。

大阪での不用品回収サービスならクリーンクルーにお任せください。

コメントを残す

Top