You are here

ガス台の清掃


キッチンは、家の中でも清潔に保ちたい場所です。しかしその反面、掃除が面倒な場所でもあります。中でも「換気扇」と「レンジ台」は、できれば掃除を避けたいと思われる方が多いでしょう。換気扇に関しては年末の大掃除などに行う場合が多く、そう頻繁には掃除しないかもしれません。しかし、毎日のように使うレンジ台の場合は事情が違います。油でギトギトに汚れていると、衛生的にも問題があるでしょう。また、そもそも料理する気が起きません。清潔で気持ち良いキッチンで料理を楽しむために、効果的なレンジ台の掃除方法を知っておきましょう。

 

レンジ台の掃除の頻度

最近はガラストップなど、手入れが簡単なレンジ台も増えてきました。確かにガラス製の天板は、布巾で拭いただけで汚れが落ちます。しかし、コンロ部分や五徳などの金属パーツは、従来のレンジ台と変わりません。

「ガラストップだから手入れしなくていい」

なんて言っていると、いつの間にか汚れや焦げが蓄積。気が付くと、頑固なこびり付きが生まれてしまうかもしれません。少しでも調理に使った日は、汚れのチェックも兼ねて拭き掃除をしてください。

 

レンジ台の汚れの原因

レンジ台が汚れる原因の大半が「油汚れ」です。さほど油分を含まない汚れなら、中性洗剤やキッチンクリーナーで簡単に落ちるでしょう。しかし、揚げ物や炒め物の後の汚れは、簡単には落ちてくれません。レンジ台を綺麗に保つには、「油汚れ対策」が全てと言っても過言ではないのです。

油汚れは時間が経つとさらに落ちにくくなります。そのため調理後には、必ずレンジ台を拭く習慣を身に付けたいものです。

 

油汚れに対する2つのアプローチ

レンジ台が汚れる原因の大半が「油汚れ」です。さほど油分を含まない汚れなら、中性洗剤やキッチンクリーナーで簡単に落ちるでしょう。しかし、揚げ物や炒め物の後の汚れは、簡単には落ちてくれません。レンジ台を綺麗に保つには、「油汚れ対策」が全てと言っても過言ではないのです。

油汚れは時間が経つとさらに落ちにくくなります。そのため調理後には、必ずレンジ台を拭く習慣を身に付けたいものです。

 

油汚れに対する2つのアプローチ

最後に、油汚れを綺麗にするための方法を2つご紹介しておきます。是非、今日からでも実践してみてください。

1)油には油を

油性の汚れは油性のもので落とすという考え方。オレンジオイルを含んだ洗剤などが有効ですが、薬局で売っている消毒用のエタノールやアルコールで拭き取るのも効果的です。スプレー容器を買って入れておくと便利でしょう。また、使い古した天ぷら油でも油汚れは落とせます。廃物利用でお金もかからず、エコロジーな方法です。

2)困った時の重曹頼み

掃除の万能手段ともいえる重曹。実は、この重曹が特に効果を発揮するのが油汚れです。研磨効果もあるので、頑固な焦げつきにも有効でしょう。

例えば重曹を溶かしたお湯に、取り外したコンロの受け皿や五徳を漬け置きます。そこに、酢かクエン酸を入れてみてください。化学反応で発泡して、汚れが浮き上がってくるはずです。10~20分ほど待って固めのブラシなどで擦れば、頑固な汚れも綺麗になります。さらに綺麗に磨くには、お好み焼き用のヘラなどで削り取ってください。

また、重曹をお湯で練り、これをペースト状にしたもので磨くのも効果的。クレンザーよりも安価で無害なため、常備しておくと鍋などが焦げついた際などにも使えて便利です。

コメントを残す

Top