You are here

年末の大掃除は基本とコツを知れば、今よりずっとスムーズに!?


大掃除の際には、普段なかなか手が行き届かない場所まで掃除することが必要です。そのため、いざ掃除を始めたら、その前の部屋の片付けだけで時間が過ぎてしまうこともあるでしょう。そうならないために、まずは家の中を見回し、不用品は処分しましょう。売れるモノがあれば、リサイクルショップやオークションなどを活用するのも1つの方法です。

 

順序を考えて効率よく掃除する

年末は何かと忙しい時期。そのため、計画的に大掃除に取り組むことが大切です。例えば窓枠やベランダ、庭など寒さの影響を受けやすい場所は、寒さが厳しくなる前の12月上旬に掃除を済ませておくと良いでしょう。部屋の片付けや、整理も合わせて行います。

また、油汚れが気になる換気扇やレンジ、風呂のカビ落としなどを12月前から計画的に済ませておけば、年末の大掃除は軽い掃除で済ませられるはずです。

大掃除の見落としを防ぐには、チェックリストを事前に作成して取り掛かるとスムーズです。「今日はリビング、明日は子ども部屋」と、あらかじめ計画したチェックリストを確認しながら進めていきましょう。リストから完了分を削除していけば、掃除に達成感も得られます。

年末近くには、自宅でクリスマスパーティを行う方もいるでしょう。そんな場合は、トイレや洗面所、リビング、玄関など、人が立ち入る場所を先に大掃除しておくと安心。行事に合わせてスケジュールを立てるのも、計画的な大掃除の方法の1つです。

 

掃除の基本

大掃除に限らず、掃除の基本となる2つのコツがあります。

1つ目

「奥から手前へ」。家の中で言えば、玄関を起点に一番遠い部屋から掃除を始めます。これは最後に溜まったホコリを玄関から掃き出すため。効率を重視した掃除の基本的なコツで、部屋の掃除でも出口から遠い奥から掃除します。特にワックスがけなどは、うっかり手前から先にしてしまうと、ワックスが乾くまで部屋に入れなくなるので注意が必要です。

2つ目

「上から下へ」。ホコリは上から下に落ちて来ます。そのため床をキレイにしても、後で天井を掃除してホコリが落ちてしまうと、掃除した意味がありません。部屋の掃除は天井からスタートし、「電球→家具→カーテン→ドアノブ→床」というように、上から下へと掃除していきましょう。例えば2階建の家ならば、2階にある奥の部屋の天井から掃除することになります。

また、汚れ落としにも基本的なコツがあります。洗剤は汚れに直接かけず、まずスポンジやぞうきんにつけて試し拭きしてください。材質を傷めないことを確認したら、洗剤も拭き取りも「下から上へ」が基本です。掃除とは異なり、上から下にすると液ダレが取れなくなることもありますので注意してください。

コメントを残す

Top