You are here

汚れが溜まりやすいキッチンの掃除はパート分けする


毎日のように利用するキッチンはすぐに汚れが蓄積し、油断するとシンクにヌメりや水あか、サビまで浮いてしまうことがあります。そのため、使うたびに小まめな手入れすることが大切。使ったらキレイにする習慣を身に付け、キッチンの汚れが付きやすい場所と汚れの種類を知り、それに合った掃除を行いましょう。

 

よく利用する場所の掃除方法

<換気扇フィルター>

換気扇フィルターは、キッチンの中でも汚れが溜まりやすい場所です。しかし重曹を使うと、油汚れを手軽に落とせるでしょう。

取り外した換気扇フィルターに重曹スプレーを吹きかけ、10~20分ほど置きます。汚れが浮き上がったら、スポンジや歯ブラシで擦って洗い流しましょう。普段から換気扇フィルターに装着できる油汚れ予防のフィルターを使用すると、さらに手入れが簡単になります。

<レンジ回り>

レンジ回りには揚げ物などで飛び散った油汚れと、煮こぼれなど焦げ付き汚れの2つがあります。レンジ本体の掃除は中性洗剤とスポンジやたわしで擦り洗い、濡れぞうきんで拭き取ってから乾拭きで仕上げましょう。頑固な油汚れ、焦げ付き汚れは、重曹を溶いたお湯でつけ置きすると汚れが落としやすくなります。

<シンク回り>

シンク回りには水が原因となる汚れが集中。水栓金具の水あか、サビ、排水口のヌメりやニオイが生じます。しかし一度キレイにしておけば、あとはクロスやキッチンペーパーで水滴をサッと拭き取るだけでキレイにできるでしょう。

通常は中性洗剤とスポンジ・たわしを使用。水あかやサビ、排水口のヌメりは、クリームクレンザーで擦り洗いします。ニオイがヒドい場合は、重曹とお酢で擦り洗いすると除菌も同時にできておすすめです。

<冷蔵庫>

キッチン掃除で意外に大変なのが冷蔵庫。冷蔵庫はカビや菌、ニオイ、食品カスが発生しやすい場所です。そのため常日頃の掃除が肝心。庫内の食材や調味料を片側に寄せるか取り出し、ぬるま湯で濡らしたタオルを固く絞って水拭きしましょう。汚れが取れなければ中性洗剤を薄め、スポンジで拭き取ってから最後に乾拭きします。

<電子レンジ>

電子レンジをよく利用していれば、ターンテーブルやレンジの内側に食品カスがつきます。

使用毎にキッチン用の掃除シートで拭き掃除してください。汚れが酷れば、ターンテーブルを取り外して食器用洗剤で擦り洗いをするか、食器洗い機でも洗うことができます。

 

最後に

キッチンは換気扇やレンジ、調理家電など設備機器が多く、用途によって生じる汚れが違います。掃除方法も異なるため、すべてを掃除するには手間と時間がかかるでしょう。キッチン内をパート分けし、順番に掃除するようにすることで負担を減らすことができるはずです。

コメントを残す

Top