You are here

毎日気分良く過ごすためのトイレ掃除にはポイントがある


しっかり掃除をしようと思うと、なかなか面倒な場所がトイレ。普段から使用後に必ず掃除したり、あるいは頻度を決めたりすることで汚れを溜めない習慣を持つと、毎日キレイな状態を保てます。

みんなで気持ち良く使用できるよう、家族の協力を得ることも大切です。掃除道具を誰もが取りやすいところに置き、気づいた人が手入れできるようにすると良いでしょう。

 

トイレを清潔に保つ掃除方法

トイレは便器のフチにもっとも汚れが溜まり、掃除が大変です。しかしここさえしっかり掃除すれば、バクテリアの発生を防ぐことができます。

<便器のフチ>

クエン酸小さじ1/2、水100mlでクエン酸水を作り、便器のフチにスプレーしましょう。古い歯ブラシで汚れを取り除き、水で洗い流します。便座や蓋は。水で濡らした柔らかい布に台所用中性洗剤をつけ、便座の表面や蓋の表裏、便座の裏、便器の取付け面を拭いてください。全体を早めに水拭きしたら、しばらく開けた状態で乾かします。

<水タンク>

水タンクは、水アカやホコリで黒ずみができやすい箇所です。水アカの汚れは、クエン酸スプレーで分解させましょう。しつこい黒ずみはメッシュやすりで擦り落とし、あとは水を流して乾き拭きするだけです。

<床>

トイレの床はホコリや髪の毛が落ち、意外に汚れています。まずはしっかり掃除機をかけて、ホコリを取り除きましょう。クエン酸水を使用してぞうきんに含ませ、拭き掃除をしてください。仕上げに除菌のためのエタノールをスプレーし、乾拭きをすれば完了です。

ウォッシュレットの場合、ノズル掃除機能付であれば電源を入れてノズルを出し、柔らかい布で水拭きします。酷い汚れは、台所用中性洗剤を薄めて含ませた布で拭き取りましょう。

 

汚れに応じた掃除方法

便器についた頑固な汚れで困っている場合、汚れに応じた落とし方があります。便器に黒ずみがあるときは、カビや微生物が原因です。除菌効果があるアルカリ性洗剤を、メラミンスポンジに付けて汚れを落としましょう。また、水アカは水道水の成分「ケイ酸塩」が原因。すぐに汚れを落とさないと、頑固な汚れになってしまいます。研磨剤が入っているクレンザー系洗剤を水アカ部分につけ、30分から1時間放置。トイレ専用ブラシで洗い流しってください。

さらに黄ばみは尿石が原因で、水アカと同じく早めに落とさないと落ちにくい頑固な汚れになります。尿石のアルカリ性を中和させるために使うのが酸性洗剤。これには塩酸が入っており、塩酸ガスも発生します。そのためゴム手袋やマスクを身につけ、トイレ専用ブラシで擦る際は目に入らないよう注意しましょう。

コメントを残す

Top