You are here

書斎・書類の整理整頓も家事代行におまかせ!


いつの間にか、自宅に溜まってしまう領収書や給与明細書などの書類。子どものいる家庭では、学校から配布されるプリント類が引き出しの奥に押し込まれていることも少なくありません。まあ、小規模のオフィスでは人手が足りず、重要な書類が整理されないままになっていることもあるようです。

オフィスや机周りがすっきりすれば、仕事や勉強もはかどるでしょう。また、不用意に破棄してプライバシーが外部に漏れてしまうなどの事態も防げます。しかし、日々の仕事が忙しく、溜まった書類の整理まで手が回らないという方がいるかもしれません。ここでは、家事代行業者に依頼できる書斎・書類整理のポイントをまとめます。

 

サービス内容の例

家事代行会社では、書類の整理以外にもさまざまな関連サービスを提供しています。1つの収納場所を整理するだけでなく、部屋全体をスッキリさせることも可能。サービスの一例を挙げてみましょう。

<書類整理>

・仕事や学校関係書類のファイリング

・電化製品の取扱説明書や税務書類など家庭書類の分類、整理

・不要書類のシュレッダーがけ、処分

<掃除>

・室内・オフィスの掃除機がけ

・デスクの拭き掃除

<その他>

・メモリカード類の分類、整理

・写真アルバムの保存、整理

・文具など備品の購入、収納

 

作業の手順

家事代行サービス書類の整理を行う場合、その手順は一般的に以下4つのステップになります。

1)書類など収納されているものを全て出す

2)収納場所を掃除する

3)必要なものと不要なものを選別する

4)必要なものを使いやすく分類して収納する

作業工程は単純でも、きちんとした整理は時間や体力が必要となる重労働です。家事代行会社に作業を依頼するときは、「どの範囲の書類を片付けたいのか」「今後はどのように書類を保管・使用したいのか」をあらかじめ伝えておきましょう。作業イメージが明確になり、スムーズに進められます。

 

書斎・オフィス整理を家事代行に頼むメリット

家事代行会社によって、利用者が同席して書類等の「要/不要」を判断する場合と、利用者が不在でも作業可能な場合があります。それぞれのメリットを理解し、依頼時の参考にしてください。

<同席して作業を行う場合>

どの書類を保存し、どれを処分する。その判断のために利用者の立ち合いが必要なケースです。1つ1つ自分で選別していくのは、もしかしたら面倒に感じるかもしれません。しかし、スタッフの作業を現場でチェックでき、収納に関する細かい要望を伝えられるというメリットがあります。便利な収納グッズや整理方法などプロの技を学べれば、今後の収納にも生かせるでしょう。時間の余裕があるときには、こちらを選ぶと安心かもしれません。

<不在時に作業を行う場合>

特にオフィスの場合、業務時間内に色々な書類を出して整理するのは難しい場合があります。利用者が不在の休業日に作業を完了できれば、業務に支障がでることはないでしょう。機密文書など重要書類の取り扱いには注意が必要ですが、業務を優先させたい場合は便利なサービスといえます。

尚、サービスの利用料は家事代行会社によって多様です。まずは各社を比較し、状況にマッチしたサービスがあるかどうか検討してみてください。費用については、相見積もりを取るのも1つの方法です。

コメントを残す

Top